価額協定保険特約

価額協定保険特約

たとえ火事が自身の家と店(どんな可能性による明記された価値保険スペシャル契約によるオフィスでも)を含むとしても、すべての前どうりにを回復させることができる保険が払われる特別な契約を、火災保険は言います。

保険は、通常「時価」の額に基づいて、火災保険で払われます。

建設して、それからそれを消費した建物の価値から、それを使うということを、差し引いた価値を、価値は意味します。

言い換えると、保険を時価の額で受けるとき、この保険のために火事によってすべての損害をカバーすることなく、メンバーの負担は起こります。

たとえば、5年前3000万円で建設した家の場合、たとえ家が灰になるとしても、前のどうりのハウスを建設することができません。
そして、当然現在の時価の額が3000万円より安くなるので、保険は払われます。
人は、赤字が前のどうりのハウスを建設するのに耐えます。

したがって、「明記された価値保険スペシャル契約」は火災保険によって備えられます。
特別な契約としてこれを付けるとき家が灰になるとき、最初の家と同じものを造る金額がinsurance.として払われて、(この金額を「再入手価値」と呼びます。)この特別な契約を家財道具(例えば家具または王室の電気器具)に加えるならば、建物だけでなく家財道具の購入コストも保険において支払われるOfコース。

このように火災保険に加わるとき、そして、縮むために、それは明記された価値保険スペシャル契約に課した重要な点になります。