住宅用火災保険

住宅用火災保険

今回は一軒家の住宅保険について、詳しく見ていきたいと思います。

ここでは一戸建て住宅用火災保険に加入する際のポイントを案内していきたいと思います。

【住宅ローンがある場合】

私達が住宅を新築にて購入する時、銀行等の金融機関で住宅ローンを利用される事がほとんどと思います。

そんな時に、金融機関によって質権設定(※火災保険の保険金受取人が融資先金融機関に優先される事)がなされ、35年ローン等のローン返済期間を見越しての長期での契約、および保険料一時払いというようなケースがあると思います。

質権設定がなく、住宅ローンも完済が終わっている、住宅ローンを組んでおられない人は、火災保険の契約を自由に設定する事が出来ます。

ちなみに長期契約は、1年間の契約よりかも保険料というものは割安にはなりますが、その反対に見直しがしづらいため、一時的にまとまった掛け金というものが必要となるそうです。

もし、金融機関の指定もなく、自由に設定が行えるのであれば、保険期間が5年による保険料年払いによっての契約の方が、私達にとっても負担が少ないですし、見直しもしやすいです。
また、新しい商品が発売された場合も、切り替えがやりやすいので、おすすめですよ。