住宅保険で一番大切な保険

住宅保険で一番大切な保険

最近では住宅ローンを利用してマイホームを購入される人が多いようです。

ちなみに、私達が住宅ローンを考える時、金利とかに目がいってしまいますが、実は一番考えなければいけないのは、保険についてです。

単純に住宅ローンと保険という観点から考えると、関わってくるものは火災保険と生命保険です。
私達が家を買う時に考えるのは、住宅ローンの支払いはもちろんですが、長期的な期間を考えてローンを組む場合が多いので、その長い期間に何か家族に不測の事態が起きないとは考えられません。
私達、家族が住宅ローンを返済が終わってしまう頃に病気や事故によって亡くなってしまったり、また、火事などの災害によって、家が無くなってしまう事だって考えられるのです。

このように保険がないと世帯主が死んでしまった場合に、その世帯の収入はないのに住宅ローンは残ってしまう事だって考えられます。

【火災保険と質権設定】
火災保険に加入をしていてもお金を貸した側としては、住宅ローンの返済を優先して欲しいと思うのは当然の事です。
そのため、火災保険の支払いが発生した場合に、契約者ではなく、金融機関等のお金を貸し手などに優先して保険金を支払うようにするような契約が存在します。
これの事を、「質権設定付き」の火災保険と呼びます。

火災保険ですが、住宅保険の中でもとても重要な保険です。次回はそんな火災保険について、詳しく見ていきたいと思います。