地震保険 基本情報 保険の料金システム

地震保険 基本情報 保険の料金システム

そして、天井(たとえ関東大震災クラスの地震が発生するとしても
総量支払いが可能であると仮定されます)を
あなたが払わなければならない保険の総合計は上回ります。
そのうえ、地震保険の100%は、損害保険会社の失敗したケースで契約者保護を実行する補償された
「損失契約者防護物機構に対する保険さえ」であることになっています。

地震保険は、自動車第三者責任保険のような標準税率システムを採用します。
損失率計算メカニズムに対する保険は保険会社会社を計算します。
そして、システムはちょうど金融庁が認可した地震保険標準税率を適用するようなものです。
保険事故ならびに通常の保険率に対する保険支払いに割り当てる純粋な保険率と積載率から
地震保険率は成ります、しかし、地震保険率(会社の費用と保険会社の代理店手数料は含まれます)の
積載率に、保険会社の利益は含まれません。


発生状況と4つのステージと確立した標準税率に対する地震保険根拠の時に
当時のデータによって計算した地震の発生可能性による地震
活断層分類された47中心都市と地区の頻度。
しかし、後の地震の発生と活断層の調査結果を考慮して、それは2006年に修正されました。
そのうえ、参加促進のために、地震プレミアムの収入からの推論のシステムは、2007年から導入されます。