地震保険 基本情報 保険の内容

地震保険 基本情報 保険の内容

地震保険が犠牲者の人生で安定になっている保険であるので
保険の対象は家と不動産に限られています。そして、保険事故は地震、噴火
奇数損失、火事による一部損害、破壊、埋めること、これらによって津波に起因する流出です。


この保険は、独立していない火災保険(火災保険、既製の合成保険)の契約を伴う形(オプション)に
なります保険。
しかし、それを伴うことを望まないとき、確証コラムへのシーリングはそれを伴っているのに
必要です。政府は、地震損害の巨人を扱うために安心をして
保険の支払いの特定のをを確保します。
彼らが火災保険(主要な契約)の保険の30-50%に等しい限り、保険をセットします。
しかし、5000万円を造って、家財道具1000万円は上限になります。
プレミアムは、建物の構造で、場所(中心都市と地区)と異なります。
第一級場所−4つは地震(第四種場所東京、神奈川、静岡で)の危険性の程度によって
中心都市と地区によって地面に4に分けられます。
そして、建物の構造は木造建設です。あるいは、場所は非木である2に分けられます。
また、古い年または地震耐性クラスの数のような割引システムがあります。
そのうえ、およそ1つの地震を支払われる保険の総合計の制限が地震保険方法施行順序
(5兆5000億円2008年4月1日現在)で確立されるとき、保険はこれに従い減らされます。