賃貸住宅で気を付ける事

賃貸住宅で気を付ける事

賃貸住宅を借りる場合、保険予約は不動産屋に確かに勧められます。

それは任意ではなく、それはほとんど強制です。

それはリースですが、なぜ保険証書は特に取り出されるに違いありませんのでしょうか?

所有者による賃貸物件とは、基本的には家主自身が、それ自体であるほとんど火災保険に加入しております。
これは実は建物への火災保険です。

損害が借地人に起因する建物で発生する場合、この保険は償われません。
この中で、例えば、借地人はガス爆発とそれを引き起こした場合には、その損害と損害が借地人の給排水設備などの事故(例えば床の下でぬれる大きな漏れ)中の誤りによって建物で生じる場合には、損害責任は、家主への原因になった借地人にふりかかってくるでしょう!

それがだとして確かに家主の誤りではないので、これは家主が参加した建物の保険で償われません。

借地人が強制的に連結することを強いられるリースの保険は、そのような場合での誤りを犯した借地人を助けます。

それは、長い説明でしたが「原因の事故に対する責任は借地人の借地人に対する責任である」または、それが生産する場合「借地人の責任は、借地人が取り出した保険証書でのみ償われる」で、それはOKです。